イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

シンポジウム「『かもめ食堂』から見えるフィンランドの暮らし」

 9月3日午後6時から、山口日フィン協会設立一周年記念として、山口芸術情報センターで、シンポジウム「『かもめ食堂』から見えるフィンランドの暮らし」が開催されました。
 山口日フィン協会の縄田恵会長をコーディネーターに、パネラーのユハ・ニエミ氏(フィンランド大使館)、堀田博之氏(フィンランド航空大阪支店長)、青木エリナ氏(「旅の指さし会話帳フィンランド編」著者)、水谷由美子氏(県立大教授)、井生文隆氏(県立大助教授)が、映画「かもめ食堂」を題材に、フィンランドの生活などを紹介しました。

 ユハ・ニエミ氏は国民性について、日本人と共通の部分が多く、しかし異文化であるところが面白いと語っていました。
 堀田博之氏は90年代初頭の破産状態からIT産業を急成長させ国際競争力を高めたフィンランドの現状について。青木エリナ氏はフィンランドの代表的な料理・菓子について。 水谷由美子氏はファッションについて、井生文隆氏はプロダクトデザインについて、それぞれロングライフデザイン指向のフィンランドの特徴を述べられました。みなさん予定時間を越えての熱弁に、会場は熱心に聞き入っていました。
 山口は日本で最初にクリスマスミサが行われた町です。一方、フィンランドはサンタクロースの村がある国。今後もさまざまな交流が行われる予定となっています。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |