イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

『 山口十境詩 』トータル・イベント

 10月18日から5日間、C・S赤れんがで、(財)山口市文化振興財団主催による「山口十境詩」トータル・イベントが行われました。

 1階の会場では、十境詩を書いた書と、その舞台となった風景写真、及び山口県立山口博物館に所蔵されている趙秩筆『 寿老花鳥図 』の写真を展示。
 2階の会場では十境詩に関連したさまざまなイベントを開催。
 21日の荒巻大拙氏による講演「山口十境の四季」には40名近い来場者があり、十境詩のそれぞれの漢詩についての解説を熱心に聞き入っていました。

以下、パンフレットより
・内容
 『 山口十境詩 』は文中元年(1372年)冬から翌年10月にかけて、大内弘世の招致により、山口に滞留していた趙秩が、おそらく弘世の要請に応じて賦したもので、往時の名勝、十境の景観をしのぶことができます( 荒巻大拙著「山口十境詩考」より )。 この度、この『 山口十境詩 』について書展をはじめ吟詠、和楽器による伴奏、講演、また作者・趙秩筆『 寿老花鳥図 』の写真展示を行います。『 山口十境詩 』について理解を深め、大内文化の一端に触れてみませんか。

◆『山口十境詩』書展、趙秩筆『寿老花鳥図』写真展示
 10月18日(水)〜22日(日)
〜 関 連 イ ベ ン ト 〜
◆『山口十境詩』の吟詠、和楽器の伴奏
18日(水)、20日(金)、22日(金)  各日@10:30〜 A13:30〜
吟詠:田中紘誠氏グループ  伴奏:箏/松村白浪氏 尺八/岡田鶯山氏
◆講演「山口十境の四季」
19日(木) 10:30〜、 21日(土) 13:30〜
講師:荒巻大拙氏 
◆講演「趙秩筆『寿老花鳥図』について」
19日(日) 15:00〜
講師:神戸大学教授 影山純夫氏
◆ギャラリートーク
・主催
 (財)山口市文化振興財団 пF(083)928-6666

HOME | ↑ このページのトップに戻る |