イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

山口お宝展

 平成19年1月19日から2月18日まで、山口市中心市街地一帯を主会場として、山口商工会議所山口お宝展実行委員会主催による、山口お宝展が開催されました。
 山口お宝展は昨年から始まり、今年が第2回目。今回は雪舟没後500年記念として「雪舟が愛したまち山口」とサブタイトルがつけられました。

ライトアップ風景・瑠璃光寺五重塔

ライトアップ風景・サビエル教会

ライトアップ風景・旧県会議事堂

ライトアップ風景・県政資料館

ライトアップ風景・常栄寺山門

「鷺流狂言の世界」の様子

週末の瑠璃光寺五重塔公開の様子

オープン講座大内文化学びの会の様子

香山公園を走った人力車の様子

香山公園を走った人力車の様子

臨時足湯の様子

 ○事業内容
山口市は14世紀の中頃、室町時代初期に大内弘世が居を山口に移し、京都に模した街づくりをし、以後200年間大いに栄え「西の京」と謳われました。
また、日本の幕開けを築いた明治維新においては山口はその策源地となり、今も多くの明治維新の史跡が各所に残っています。
山口お宝展では、これらの貴重な歴史的・文化的遺産をご覧いただくことをはじめ、「公共施設」「神社仏閣」「民間施設」などで通常は見る事ができないお宝を一斉公開いたします。(パンフレットより)

○会場
 ・瑠璃光寺五重塔
 ・瑠璃光寺資料館 五重塔の骨組、全国の五重塔55基模型展示
 ・常栄寺雪舟庭 明治天皇宿泊の間公開
 ・山口市菜香亭 伊藤博文・井上馨・三条実美・木戸孝允ら直筆の扁額27点
 ・龍福寺 本堂保存修理中見学可
 ・瀧塔山龍蔵寺 伝雪舟作駒つなぎの絵馬、重要文化財大日如来座、国指定天然記念物大銀杏
 ・善生寺 池泉鑑賞式庭園
 ・山口サビエル記念聖堂 サビエルの手紙(ポルトガル国王宛)、大友宗麟書状の掛け軸
 ・山口県立山口図書館 仮御手鑑、連歌関係資料
 ・山口県文書館 吉田松陰関係資料のうち吉田松陰所用の印章4顆(6印影)
 ・山口県立美術館 伝雪舟山水画3点、雪舟の絵の模写数点
 ・山口県埋蔵文化財センター 企画展「神・人饗宴」弥生人の心の表現〜2000年前の日本最古の絵画初公開
 ・山口県立山口博物館 木戸孝允肖像画、2千年以上前の弥生土器他
 ・山口ふるさと伝承総合センター 円相庵、大内塗箸作り体験、旧野村酒場
 ・十朋亭 雪舟盆、市指定史跡
 ・山口市歴史民俗資料館 雲谷等益「馬之図」、大村益次郎関係の文書、狂言絵巻・狂言装束
 ・中原中也記念館 中原中也自筆原稿、初出雑誌
 ・おおすみ歴史美術館 新羅筆「六字名号」掛軸、伝雲谷等顔「鷹図」掛け軸、雲谷派の画約10点

○期間内に行われたイベント
 ・オープニングイベント「キャンドルライト・石燈籠点灯」 国宝瑠璃光寺五重塔・毛利家墓所(1月19日)
 ・国宝瑠璃光寺五重塔特別公開(期間中の土・日曜)
 ・明治天皇宿泊の間公開 常栄寺(毎日)
 ・竹灯籠の点灯&尺八演奏 常栄寺(期間中の金・土曜)
 ・和蝋燭の世界〜ふるさと山口〜 瑠璃光寺本堂(1月20・27日)
 ・講演「雪舟の時代の庭園〜善生寺庭園を中心に〜」 山口市菜香亭(2月3日)
 ・マリンバ・アンサンブルコンサート 旧県会議事堂(2月3日)
 ・鷺流狂言の世界 山口市菜香亭(2月10日)
 ・世界のうた・日本のうたfromやまぐち 旧県会議事堂(2月17日)
 ・いつでもアートふる山口 作家の企画展浅原裕子 大路Lobbyほか(毎日)
 ・雪舟ゆかりの地ライトアップめぐり 山口サビエル記念聖堂・旧県会議事堂・国宝瑠璃光寺五重塔(期間中毎日〜午後9時)/常栄寺山門及び雪舟庭(期間中の金・土曜日〜午後8時45分)
   ※湯田温泉宿泊客対象ナイト観光バス運行
 ・人力車ぶらり山口竪小路 香山公園(期間中の土・日曜)
 ・臨時足湯 香山公園(期間中の土・日曜)
 ・オープン講座大内文化学びの会 瑠璃光寺本堂(期間中の日曜)

○協賛企画
 ・山口中心商店街「山口商店街お宝展」
 ・湯田温泉湯めぐり
 ・湯田温泉ふくまつり
 ・一館逸品展

○主催 山口商工会議所山口お宝展実行委員会
  後援 山口市・山口市教育委員会・JTB協定旅館ホテル連盟山口支部

HOME | ↑ このページのトップに戻る |