イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

第7回「わが家の一品を世界の逸品へ」公開審査会

 2月18日に、特定非営利活動法人デジタルアーカイブやまぐち主催「第7回わが家の一品を世界の逸品へ」公開審査会が、山口市菜香亭で開催されました。

「わが家の一品を世界の逸品へ」とは、市民が家にお持ちの貴重品、秘蔵品等の募集をおこない、埋もれた文化遺産を掘り起こすとともに、市民の方々にデジタルアーカイブについて、また時間の経過とともに失われてゆく貴重な財産の継承について、理解・関心を深めていただくことを目的とした山口市共催事業です。昨年より「ものづくり伝承者部門」も設けられ、ものづくり技術の伝承者の募集も行われました。

○第7回わが家の一品を世界の逸品へ 公開審査会 審査結果

・デジタルアーカイブ大賞
 大内氏文書
・デジタルアーカイブ準大賞
 狩野永恕画
・審査委員特別賞
 大内塗
・審査委員特別賞 
     山口焼
 西浦焼
・デジタルアーカイブ参加賞
 その他の公開審査対象品
・ものづくり伝承者部門
 紙漉職人 千々松哲也氏
 檜皮葺師 佐々木 真氏
 2006年12月1日から2007年1月26日まで募集を行い、15名の方から計39件の応募が寄せられました。
 「ものづくり伝承者部門」では2件、「わが家の一品部門」では13名37件です。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |