イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

大内文化探訪会「大内義隆の生涯とその時代」

 3月7日〜12日の6日間、山口市菜香亭で、菜香亭市民ギャラリー「大内文化探訪会〜大内義隆の生涯とその時代」が開催されました。
 この催しは、大内文化探訪会主催・協賛山口メセナ倶楽部により、室町時代の大名大内義隆の生誕500年を記念して行われました。

 大内文化探訪会は、山口を中心に室町時代に栄えた大内氏について研究を重ねている民間団体です。
 2007年は大内義隆生誕500年の節目の年にあたり、その記念事業として今回の催しが行われました。
 13枚のパネルで大内義隆の生涯を紹介するとともに、写真家角田誠さんの「大内義隆を歩く、撮る」シリーズの写真41枚が展示されました。
 角田さんの写真は、龍福寺や大寧寺など大内義隆のゆかりの地を、義隆の生涯と重ね合わせて撮影されたものです。7日には同氏による写真解説も行われました。

※大内義隆は1507年、大内義興の子として生まれました。
 1528年家督を継いだあと、武家では平清盛以来という太宰大弐の職を授かり、当時の武家では最高位の従二位までのぼり、少弐氏を滅ぼし、大森銀山の開発を積極的に進め、遣明船を二度指揮し、サビエルの布教を許可するなど多方面に渡って様々な活躍をした人物です。また家臣陶晴賢の反逆にあい、長門大寧寺で自刃したことでも有名です。菩提寺は龍福寺です。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |