イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

山口県立美術館ボランティアスタッフによるこどものためのギャラリートーク

 山口県立美術館ボランティアによるこどものためのギャラリートーク『みんなでみよう 常設展「香月泰男の夏」』が、夏休み期間中の土曜日に行われました。

 行ったのは美術館ボランティアの教育普及班のみなさんです。

 夏休み期間中、常設展示では香月泰男の版画が展示されており、訪れたこどもたちとそれらを見ながらおしゃべりをし、そのあと実際に版画というものを制作してみるという企画です。

 版画はいろいろなものでできるということで、葉っぱや段ボール、すだれ、金網が用意されていました。それらを紙の上からこすってみると簡単にいろんな模様が出来ます。

 また、消しゴムに彫るだけで版画ができあがり。

 ということで、スタッフが用意した貝の模様、これは香月泰男の版画にでてくる形を真似たものですが、これらを使って、さまざまな模様を、参加者が作っていました。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |