イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

薩摩琵琶幽玄

 9月14日、湯田温泉近くの「山水園」の庭園で、薩摩琵琶の演奏が行われました。
 当日は、薩摩琵琶の第一人者・荒井姿水さんと、荒井靖水さんが、平家物語の「俊寛」や、「耳なし芳一」などを演奏されました。

 大内氏が栄えた中世には、琵琶法師による平家物語の語りが大変人気のあった芸能でした。天皇から武将、庶民まで、身分に関係なく、好まれていたといいます。
 記録には残っていませんが、大内氏やその配下の武将、または当時の山口町民も、平家物語をきいて楽しんでいたとしてもおかしくありません。
 現在では文庫本で手軽に読める平家物語ですが、中世のように琵琶の演奏とともに語りをきく機会はなかなかありません。
 この日は中世さながらの平家物語の弾き語りがきけ、大内氏の時代を体感できる貴重な機会となりました。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |