イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

ゲンジボタル放流の集い

 10月19日午後、山口ふるさと伝承総合センターにて、「ゲンジボタル放流の集い」が行われました。
 これは、伝承センター内の飼育場で「大殿ホタルを守る会」が育てたホタルの幼虫を、大殿小学校の3・4年生の児童が一の坂川に放流するイベントです。
  当日は、玄関前でセレモニーを行ったあと、木町橋、伊勢橋、琴水橋のたもとで、児童により、1万3千匹の幼虫が放流されました。

 右画像に写っているのがホタルの幼虫です。
 5月末に一の坂川の雌の成虫を100匹くらい採取して、飼育場で産卵から孵化、幼虫になるまで育てたものです。
 昭和62年から人工飼育は始まり、以降一の坂川に毎年放流されてきました。

 山口市では昭和10年にゲンジボタルが国の天然記念物に指定されています。
 一の坂川は昭和46年の改修のさい、ゲンジボタル生息を考慮したホタル護岸工事が行われ、全国にさきがけて自然環境に配慮した工法として、現在でも多くの本で紹介されています。

 6月初旬には一の坂川周辺でホタル祭りが例年行われ、多くの市民がホタル狩りを楽しんでいます。
 街中でホタルを見ることができるのは山口だけかもしれません。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |