イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

「維新のふるさと −吉田松陰没後150年」

 山口県立山口図書館2階にある「ふるさと山口文学ギャラリー」では、吉田松陰没後150年を記念して「維新のふるさと〜吉田松陰没後150年〜志士の詩歌と遺墨」が、1月29日から4月29日まで開催されています。

 吉田松陰は天保元年(1830)に生まれ、安政6年(1859)に亡くなりました。30年の短い生涯のあいだに600首以上の詩歌を残しています。
 今回の展示では、松陰やその門下生を中心に、詩歌や遺墨に関する資料が展示されています。

 ケースに展示されているのは、山口図書館が所蔵している本等です。吉田松陰のほか、松陰ゆかりの志士・久坂玄瑞・高杉晋作・吉田稔麿・入江九一・伊藤博文・山県有朋・山田顕義・木戸孝允・月性・などの詩歌・遺墨集もあわせて展示されています。

また据置ケースに、周布政之助及び大村益次郎が愛用したガラスの複製品も展示されています。
※本物は山口県立山口博物館所蔵
(下画像 左:周布政之助、右:大村益次郎)

また、品川弥二郎の直筆の書も展示されています。
 併せてご覧下さい。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |