イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

夏の終わりの展覧会

 8月28日・29日、山口市菜香亭で、「夏の終わりの展覧会〜子どもたちに伝えたい山口の手工芸〜」が開催されました。
 これは山口市の文化活動の活性化と文化交流を目的に行われたもので、阿知須のひなもん・徳地の和紙人形・山口の能面が一堂に会したものです。

 阿知須のひなもんは、藤本慶子・緒方勝子さんらのひなもん教室によるものです。南客間と踊り場で展示されました。平成17年より阿知須ひなもん祭りが開催されていますが、その名付け親となった方々です。

 山口の能面は、杢忠庵の矢次杢忠さんによるものです。北客間で展示されました。また期間中は矢次さんが実際に面を彫られているところをご覧頂きました。

 北居間・南居間では、山口のイラストレーター真木由紀さんによるイラストが展示されました。また、実際にご自分でカレンダーを描くコーナーを設けたところ、子どもたちがチャレンジしていました。

 徳地の和紙人形は、長沼隆代さんによる和紙人形で、会議室において、吉田松陰・高杉晋作・木戸孝允・伊藤博文・坂本龍馬など幕末の志士を中心とした100体が展示されました。
 なお和紙人形の展示のみ、8月30日から9月5日まで、菜香亭市民ギャラリー「長沼隆代創作和紙人形展『幕末の志士と坂本龍馬』」として引き続き展示されます。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |