イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

今八幡宮例祭

 

 10月6日、山口の産土神である今八幡宮で毎年恒例の秋祭りが執行されました。正式には例祭(れいさい)と呼ばれ、年間の祭典の中でも最も大きく重要なお祭りです。戦前はこの日は市内の小・中学校、官公庁は休みになっており、今八幡宮のかつての隆盛が偲ばれます。多くの神社では参加しやすういように休日に祭礼を移動することが増えてきていますが、今八幡宮では昔から10月6日に行われており、今年は火曜日に行われました。

  午前中は神事や講話が執り行われ、午後からは子ども相撲の奉納と、お旅所までのご神幸祭がありました。

 神輿の担ぎ手には、地元の八幡馬場町内会の方々、大殿地区の有志、また自衛隊山口地方協力本部の助勢もあり、三基の神輿と子ども神輿が渡御いたしました。

 今八幡宮の階段を下り、まっすぐすすみます。時刻は夕方、皆さん仕事や学校帰りの参画です。

 子ども達も元気よく、子ども神輿を担いでます。

 御旅所は道沿いにあります。

 こちらでお祓いがありました。

 三基の神輿を台座に据えて神事が執行されました。

 その後、すぐに宮へ戻ります。秋の夕暮れは日が沈むのも早く、帰り着く頃にはすっかり夜です。

 御還幸のさいには交差点で神輿をぐるぐると回し、威勢良く持ち上げる風景も見られました。

 子ども達も最後まで元気よく神輿を担いでいました。将来の山口文化の担い手としてすくすくと育っています。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |