イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

十朋亭と維新の志士たち

 

 10月6日から11月29日まで、山口市歴史民俗資料館で、「十朋亭と維新の志士たち−伊藤博文を中心として−」が開催されています。これは今年の10月26日が伊藤博文没後100年の節目であることから企画されたもので、同館に所蔵されている伊藤博文の関係資料を中心に展示されています。

『十朋亭は、享和年間に醤油業を営む萬代家の離れとして建てられましたが、幕末に藩の政庁が萩から山口に移されると、建て増しをして「御用宿(宿泊所)」として使用されるようになりました。十朋亭には伊藤博文をはじめ、桂小五郎や久坂玄瑞など、多くの志士たちが来亭、起居したといわれています。この企画展では、十朋亭に伝えられた資料を主として、そこに出入りした志士たちに関係する資料を紹介します。 』(チラシより)

 出展数は全部で43点にのぼります。伊藤博文と井上馨がともに揮毫した大杓子や、久坂玄瑞の湯呑など、珍しいものが展示されいます。

 開館時間は午前9時から午後5時まで(月曜休館)、料金は大人100円、小・中学生50円、小学生未満・70歳以上は無料です。ぜひご覧下さい。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |