イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

ニューイヤーファッションコンテスト〜まちへ繰り出そう

 

 1月17日午後5時から、山口井筒屋で「ニューイヤーファッションショー Vol.V」が開催されました。

 これは山口県立大学服飾研究会によるもので、同大の学生と大学院生6人が「デニムファッションで田園と都市をつなぐ」をテーマに制作した作品を披露しました。

 山口県立大学服飾研究会では、2007年度から3ヶ年計画で山口県立大学が文部科学省から支援された教育プログラム、現代GP(地域の活性化・地元型)事業の一環で、山口市を中心に歴史、文化、自然、そして人物を地域資源とするファッション創造研究を行ってこられています。

 2007年度は「ルーラルファッション」をテーマに、2008年度は「ジャポニズム・北海・長門峡」をテーマに、そして今年度は「デニムファッションで田園と都市をつなぐ」をテーマに田園と都市が共存する山口の存在を認識し、山口流ライフスタイルの創造発信を目指しています。

 このように、山口の町ではファッションショーを見ることができます。大内氏華やかりし頃の雅な文化をしのばせて、とても素敵なことだとおもいます。

 

 会場には大勢のお客さんが入り、立ち見がならぶほどの盛況でした。

 また会場では、「ニューイヤーマーケット〜地域育ち」(ナルナセバ主催)と題し、県立大学大学院卒業のクリエーターや、共同研究にかかわった団体の作品が展示販売されていました。

 「柳井縞の会」「手作り工房・幸」「I’m a kujiat.」「アトリエa.p.r」、「ニット部屋」「あい・あーる・すりー」「工房水晶石」さらに中村女子高校普通科ライフデザインコース3年生によるキッチン用品やヘアアクセサリーなど、7団体のさまざまな作品が並んでいました。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |