イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

企画展示「俳人・兼ア地橙孫」

 

 1月5日から3月30日まで、山口県立山口図書館ふるさと山口文学ギャラリー で、企画展示「俳人・兼ア地橙孫」が開催されています。
 俳人・兼ア地橙孫(かねざきぢとうそん、理蔵)は、明治23年3月、山口市道場門前に生まれた地元の人です。昭和32年没。

  中学時代から句作を始め、河東碧梧桐を師と仰ぎ、上京後には、碧梧桐宅で催された海紅堂句会に参加するなど、新傾向俳人として注目を集めました。
 熊本五高時代には、『層雲』を介して交遊のあった種田山頭火を熊本に迎えています。
 山口の俳人とも親交をもち、弁護士業の傍ら、活躍しました。

  また、地橙孫は書もよくし、中村不折に学んだ六朝体書道で、多くの作品を残しています。山口市金古曽の聖サビエル公園碑や防府市護国寺の種田山頭火の墓標も地橙孫の揮毫によるものです。

 なんともいえない味わいのある書です。

 他にも地橙孫の書がいくつも展示されています。ぜひご覧下さい。

  この企画展は、平成19年の地橙孫50回忌に創設された「兼ア地橙孫顕彰会」(周南市)の協力を得て開催されています。同会からも貴重な史料が出展されています。

 @ 著書
『蝕目皆花(しよくもくかいか)』  兼ア地橙孫著 人生創造社
『清(せい)明(めい)の道』     兼ア地橙孫著 地橙孫著作刊行会
A 雑誌
「海紅(かいこう)」通巻358号   海紅社
「層雲(そううん)」第21巻第10号  層雲社
B その他
河東碧梧桐真筆「牡丹の句」
兼ア地橙孫 句 (額装作品)など

HOME | ↑ このページのトップに戻る |