イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

「明応九年三月五日将軍御成献立」再現お披露目会

 

 9月22日、山口市菜香亭で、山口商工会議所山口名物料理創出推進会議および(財)山口観光コンベンション協会主催により、「明応九年三月五日将軍御成献立」再現お披露目会が開催されました。

 セレモニーでは、山口市長、山口商工会議所会頭、(財)山口観光コンベンション協会理事長、山口市菜香亭館長による挨拶がありました。

 この献立は、1500年、京都を追われた前将軍足利義稙を、ときの大名大内義興がもてなしたときの料理を再現(通称大内御膳)したもので、25台の三宝に、約100種類の料理が並びました。

 料理の再現にあたって監修された食文化研究家の江後迪子さんにより、料理の説明がありました。当時なかったしょうゆと砂糖は使わなかったそうです。今回の調理には湯田温泉の旅館ホテルの料理人が腕をふるわれました。協力されたのは、かめ福グループ四季の宿梅乃屋、KKRあさくら、山水園、翠山荘、セントコア山口、西の雅常盤、湯田温泉西村屋、ホテルニュータナカ、湯別当野原、防長苑。

 また、市教委文化財保護課により、大内氏館跡から発掘された調理器具や、魚の骨などの食物が展示されました。

 そのあとは、試食。今回の料理より3品、雑煮とひしおいりとたちばな焼きがふるまわれました。

 では、今回展示された料理からいくつかを紹介します。

 

 

 

 

 

 

HOME | ↑ このページのトップに戻る |