イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

山口七夕ちょうちんまつり

 

 日本三大火祭りの1つとして知られている山口七夕ちょうちんまつりが8月6日、7日と2日間にわたって開催されました。
 この祭りは、今から約600年前、大内盛見公が父母の冥福を祈り、七夕盆の夜に笹竹の上に高灯籠を灯したことが由来とされ、今日まで受けつがている伝統的なお祭りです。
 6日は9万人、7日は12万人と、例年より多くの見物者が訪れました。

 商店街アーケードを中心に、竹につるされたちょうちんが並べられます。
 お店の人が7時になると明かりを灯して、竹を立てていきます。
 商店街には竹を立てる穴がちゃんとあるのです。

 

 

 夜ともなると、提灯のトンネルが延々とつづいて、とても幻想的な光景になります。

 

 山口駅前通りには、両側に屋台が並んで、たいへん賑わっていました。

 アーケードでは、商店街の人が縁日らしく子供向けのゲームの屋台をあちこちで出していました。

 新亀山公園ふれあい広場では、屋台とステージが設けられ、こちらも大変賑わっていました。

 6日の午後5時から9時30分までは山口市役所前庭でちょうちんツリーが飾られました。
 日本で初めてクリスマスが祝われた山口にふさわしくツリーの形での飾りです。

 市役所前庭では、ケーブルテレビ山口の収録など行われていました。

 また、前庭のテントでは東日本大震災に関連して、応援の寄せ書きも行われていました。

 6日午後8時から9時までは、県道204号線を新山笠が巡行し、提灯神輿(殿神輿2基、姫神輿1基)が商店街と駅通りを巡行しました。
 姫神輿は女性がかついでいました。

 

 ちょうちん祭りでのちょうちんといえば赤地に白丸の絵柄ですが、最近は手書きでさまざまな模様を描きこんだものも登場しました。

 パークロードでは、7日、今年もすだれちょうちんが午後7時30分から10時までともりました。電灯でのちょうちんですが、大きく勇壮な感をうけます。

 7日は市役所前庭、パークロード、新亀山公園ふれあい広場など各所でよさこいが、午後2時から9時まで行われました。

 

HOME | ↑ このページのトップに戻る |