イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

薩長連合と木戸孝允

 

 9月14日から11月13日まで、山口県立山口博物館考古歴史展示室で、歴史常設展示第U期「薩長連合と木戸孝允」が開催されています。
 同館には木戸孝允の子孫から県に寄贈された資料81点が所蔵されています。今回はその木戸家資料を中心に約30点展示されています。

 木戸孝允の肖像画や漢詩書、和歌書、書状、写真など、ファンにはたまらないものがずらりと並んでいます。
 また時代を表す資料として七卿落ち図や、戊辰戦争錦絵も併せて展示されています。

 時代としては、長州藩が中央政治に登場したころから、岩倉米欧使節団のころまでです。

 今回の展示品で珍しいのは肖像写真でしょうか。
 こちらは幕末期に撮影されたものです。下の2点は年代不詳のため紹介されることが少なく、あまり知られていません。

 こちらはロンドンで撮影されたもので、同志社大学創始者として有名な新島襄に、滞在先のドイツで渡そうとして果たさなかったものです。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |