イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

甦るサビエル記念聖堂in菜香亭カフェ

 

 山口市菜香亭で、12月8日から17日まで、「日本のクリスマスは山口から2011」の一環として、「サビエルからの贈り物2011〜甦るサビエル記念聖堂in菜香亭カフェ〜」が開催されました。

 会場には、写真家栗林和彦氏による、旧サビエル記念聖堂のパネルが2枚と、54枚の写真をスクリーンに投影していました。旧サビエル記念聖堂をご存知の方は懐かしがって長時間眺められていました。

 当カフェでは、スペインの代表的なお菓子、ポルボロンまたはトゥロンがドリンクに付いてきました。
白いポルボロンは、スペインの結婚式・誕生日・クリスマスには欠かせないお母さんの手作りお菓子。
アーモンド色のトゥロンは、スペインでクリスマスに食べられる代表的なお菓子で、今回は菜香亭オリジナルとのこと。

 会場には、大正ロマンを彷彿とさせる着物メイドさんが給仕されていました。
 会場となった部屋は明治20年に洋食堂として作られた部屋で、ハイカラな場所だったのです。当時はきっとこういう格好で給仕したろうとのことで、着物にエプロン姿にされたそうです。

 着物姿のメイドさんは大人気で、マスコミ各社にとりあげられたそうです。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |