イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

アーカイブズ展示 絵図と古文書で見る萩往還

 

 アーカイブズ展示「絵図と古文書で歩く萩往還」(第7回中国・四国地区アーカイブズウィーク)が、山口県立文書館閲覧室で、6月1日から10日まで開催されました。

 ケースに吊り下げて飾っているのは、江戸時代の有名な伊能忠敬が作成した「伊能図」(御両国測量絵図)の萩往還部分です。伊能家から萩藩が入手した写しです。

 ほか、ケースで、行程記登り一、御国廻御行程記巻五、寺社旧記、長門国周防国大道小道并灘道舟路之帳、八江萩名所図画巻五、長門国阿武郡萩より周防国山陽道筋宮市宿迄往還図、山口宰判道松絵図、三田尻宰判道松絵図に、写真の絵はがき(上竪小路・象頭山の眺望・鰐石橋・佐波川の船橋・防府天満宮・三田尻御茶屋)が展示されました。

 今回は萩往還がテーマです。中央の太い線がそのラインです。

 「伊能図」の小郡湾部分です。正確に、美しく、描かれています。

 長門国阿武郡萩より周防国山陽道筋宮市宿迄往還図の木町部分です。瑠璃光寺五重塔から一の坂川へ下ってぶつかったあたりです。いまではどこの場所かわかりませんが、かつてここに一里塚があったことを示しています。

 山口宰判道松絵図の木町部分です。黒点が松の印です。ここにも松並木があったのです。
 新しい発見がある展示会でした。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |