イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

つながる大殿七夕ちょうちんの灯

 

 8月4日(土)午後6時から、おおどのコミュニティ協議会主催で、「つながる大殿七夕ちょうちんの灯」が開催されました。今年は香山公園(瑠璃光寺五重塔前)だけでなく、八坂神社・大内氏館跡池泉庭園の3ヶ所で儀式が行われ、それが合わさってひとつの行列になるという趣向で行われましした。

 八坂神社(大内氏館跡築山館跡)では午後6時から同神社の宮司により「招神の儀」として祝詞があげられお祓いがまず行われました。

 つづいて「火起こしの儀」に入り、地区の代表者の方々が火打ち石で火を灯されました。

 

 灯った火は提灯に移されました。こちらで採火された火は「祈りの灯」と名づけられていました。

 2つの提灯は神様の前に供えられ、拝礼が行われました。

 6時10分、2つの火のうちの1つが、「分灯の火」として瑠璃光寺五重塔の会場へ向かいました。

 香山公園ではこのようにちょうちんが各所に飾られていました。夜に入って灯されると幻想的な風景になったことと思います。

 午後6時、まず来賓の方々のあいさつで始まりました。

 つづいて瑠璃光寺の住職による「祈りの儀」が行われました。

 このとき一般の方々による焼香があわせて行われました。

 筝による演奏もありました。ちょうちん行列が出発した後、予定では午後6時40分から「筝曲組歌」を、午後7時より野田学園筝曲部による琴演奏が行われ、そのあと公園内のちょうちんに灯がともるセレモニーがあったようです。

 そして市長を始めとする地区代表の方々による「火起こしの儀」が行われました。
 こちらの火は「弔いの灯」と名づけられていました。「弔いの火」は、八坂神社の「祈りの灯」の分灯とひとつにされ、山車などに分灯されました。

 また、先着200名に紅提灯を配布したちょうちん行列の一般の方々にも点灯されました。

 午後6時30分出発の予定でしたが、予定より少し遅くなって市長らを先頭にちょうちん行列が五重塔前を出発しました。

 まだ明るいですがすべての紅提灯に火がともっています。

 紅提灯がたくさんぶら下がった山車も出ました。

 山車の中央には、五円玉でつくられた瑠璃光寺五重塔が夕日に輝いていました。

 さて、時間を戻して、午後6時20分、「祈りの灯」のもうひとつの灯が大内氏館跡池泉庭園(龍福寺横)へむけて出発しました。竪小路から大殿小路を通っての行進です。

 

 池泉庭園では地元の子供たちが、火打ち石などで、火起こしを体験していました。こちらの灯は「願いの灯」と名付けられていました。

 

 午後6時40分頃、予定通り八坂神社からの灯が到着しました。

 「祈りの灯」は子供たちの提灯に分灯され、「願いの灯」とあわされました。

 

 そして午後7時頃、五重塔前からのちょうちん行列と合流すべく、出発しました。

 

 

 五重塔前からのちょうちん行列が竪小路を下ってきます。池泉庭園からのちょうちん行列は、龍福寺参道を通って、大殿大路を進んできました。このあと、竪小路と大殿小路の交差点でふたつの行列がひとつになりました。

 

 このころになると夕闇が迫っており、ちょうちんの長い行列は幻想的な光景を演出していました。

 大市の駐車場付近がゴールです。池泉庭園からの地元の子どもたちの灯と八坂神社、五重塔からの灯が木下酒造さんの駐車場に到着しました。

 その灯が、大市商店街の竹竿に点灯され、「山口七夕ちょうちんまつり」につながりました。

 大殿地区では、これに合わせ、各家々の「軒先ちょうちん」や町内による「大殿七夕ちょうちん」に灯され、心の灯として町全体の「つながる大殿七夕ちょうちんの灯」となりました。

 池泉庭園からの地元の子供たちのちょうちんの灯は、木下酒造さんの駐車場で消され、今年の「つながる大殿七夕ちょうちんの灯」は終了しました。

 

 町ではちょうちんが、赤々と、どこまでものびていました。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |