イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

山口七夕ちょうちん祭り(日曜日)

 


 日曜日は、パークロードに、「山口」の文字が出る、すだれちょうちんが飾られます。縦14.5メートル、横38メートルの大きなものです。このようにクレーンで吊り下げます。



 午後7時半を目安に、各所で点灯が始まります。


 この火つけも、この祭りの風情ある光景です。


 そして今年も一般募集された「ちょうちん飾り隊」が、ミニツリーを点灯させました。駅通りには30基のミニツリーがならび、子どもたちが火つけ体験をしていました。

 

 

 


 日曜日は、午後2時から9時半まで、「ダンスウエーブやまぐちMINAKOIのんた」が開催されました。
 県内外の30チーム・約600人が演舞を披露しました。


 会場は、中心商店街が午後2時から4時まで、新亀山公園ふれあい広場が午後5時から9時半まで。市役所前庭が午後5時45分から午後8時50分まで。パークロードが午後5時45分から午後9時まで。



 フィナーレは新亀山公園のステージで全出場チームなどでの「男なら」の競演です。華やかに幕となりました。



 さて、日が暮れると、ちょうちん飾り隊によって飾られたミニツリーが赤く輝き、素敵な光景を醸し出しています。

 



 ミニツリーは山口商工会議所前の道にも20基ならびました。

 


 そして西京橋を越え、合同庁舎前の道にもミニツリーが20基ならび、ちょうちんの道がアーケードからパークロードまでつながりました。パークロードにもミニツリーが50基点灯されていました。



 また、合同庁舎前の道とパークロードとの交差点では、巨大なすだれちょうちんが夜空にひろがっていました。

 

HOME | ↑ このページのトップに戻る |