イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

山口市美術展覧会

 2月23日から3月3日まで、山口市民会館展示ホール・小ホールで、平成24年度山口市美術展覧会が開催されています。
 今年は、これまでとはちがった作風の作品が多く展示されました。

 展示数は、日本画30点、洋画84点、彫刻2点、工芸36点、書20点。写真39点、デザイン2点です。
 以下、受賞作品について、取材者の素人なりの感想を記させていただきます。

 大賞作品はこちら。徳万隆良さんの「喜」。
 どうやって造形したのか想像もつきませんが、笑顔と暖かい灯が、こちらの「喜」という感情を湧きあがらせてくれました。

 山口市教育委員会賞は、藤井由紀子さんの「おしなべて(山家集より)」。画像が小さくて、書の線をおみせできないのが残念です。繊細さのなかに力強さがあり、静的ななかに躍動感があって、最後まで見飽きさせません。

 山口文化協会賞は、西林美奈子さんの「緑陰」。美しい形です。美しい色合いです。見た瞬間、美人だ、とおもいました。陶器ですが、日本美人が変化したような存在感でした。

 おごおり文化協会賞は、柳沢サトシさんの「月と雲とカルストのファンタジア」。まさにファンタジック。夜景が数学的に処理され、その飛躍が幻想を造り出し、非リアルなのに、実際の風景の前にたったときの幻想的とおもった記憶をも呼び起こします。

 今年の受賞作品はどれも素敵で、とても楽しい展覧会でした。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |