イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

雪舟の画風を受け継ぐ雲谷派展

 3月2日から4月7日まで、湯田温泉のおおすみ歴史美術館で、「雪舟の画風を受け継ぐ雲谷派展」が開催されています。4月6日と7日は、閉館記念として無料で公開されます。

 おおすみ歴史美術館は、平成8年5月に開館し、以来17年間、幕末を中心とした掛け軸などを公開されてきました。
 開館以来ずっと副館長を務められた江戸康尹さんが、体調を崩され、それを契機に閉館が決まりました。
 来館者に大変親切な対応をされ、あちこちのブログで感謝されているのを拝見します。

 その最後の展示会では、山口ゆかりの画派、雲谷派をそろえてありました。

 雲谷派らしいタッチが印象的でです。

 6曲1双の屏風も一点、展示されていました。

 もちろん幕末の志士の掛け軸も、貴重なものばかり展示されました。

 こちらは自慢の剣の鍔です。

 安倍首相の扁額も。「楽在人和」。楽しみは人の和にあり、と読むのでしょうか。

 最後の展示会と会って、ひっきりなしにお客さんが入られていました。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |