イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

企画展「旅する中也〜汽車の笛聞こえもくれば」

(2013・4・1/更新5・1) 

 3月27日から8月25日まで、中原中也記念館の2階の展示コーナーで、企画展「旅する中也〜汽車の笛聞こえもくれば」が開催されています。
 今年は山口線開通100周年、全通90周年の記念の年で、そのこともあってのこの企画です。
 中也が感じた旅情を通して旅人気分になっていただければという担当者の話です。

 こちらが会場の2階展示室全景です。
 中央に据えられたヘッドマークは、中也生誕100年のときにSL貴婦人号に取り付けられたものです。本物です。

 中央のケースには、戦前の切符や、山口市の俯瞰図等、個人からお借りした昔の貴重な資料が展示されています。

 こちらには、中也が九州へ旅行へ行った時の史料が展示されています。

 観光名所・長門峡の、とても貴重な昔の案内図と、写真です。案内図では萩まで歩けるよう描かれています。本当に昔の人は歩いたのでしょうか。健脚な昔の人なら歩いたかもしれないとおもう図です。

 そして長門峡と言えば、中也の詩「冬の長門峡」。その草稿です。長門峡で遊んだ記憶をもとに作られた詩です。いかがでしょう、みなさんも長門峡で作詩されてみては。

 こちらは好評のために延長された、「中也記念館から手紙を出そう!」ポスト。葉書と切手を受付で買って、投函すれば、井上公園の中也の詩碑の押印が押されるというものです。集配が火曜日と、一週間に一度のため、届くのは遅くなります。中也は旅先から盛んに(旅先でなくとも、ですが)手紙を出していました。あとに残らないメールより、いつまでも残る手紙を。ですね。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |