イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

菜香亭夏休み寺子屋シリーズ「ことばで遊ぼう!子ども俳句教室」

(2013・8・5/更新9・1)


 8月5日(月)、山口市菜香亭で、子どものための俳句教室が開催され、親子18人の参加者が、俳句を作られました。


 講師は、山口現代俳句協会会長の久行保徳先生です。最初に俳句についての説明がありました。ことばで遊ぶのは川柳で、心で遊ぶのが俳句だそうです。


 つづいて、菜香亭の中を自由に動いてそれぞれに俳句づくりに没頭。雨に濡れた庭の緑がきれいで、創作意欲が湧いたかな。


 親子でそれぞれに一生懸命悩まれて。


 お昼ご飯のあと、作った句から2句選んで発表。


 さらに、自分以外の作で、気に入った俳句を選びます。


 人気投票…さぁだれの俳句がたくさん得点するかな?みんな息をひそめて見ています。自分の作品に点が入ると思わず笑みがこぼれて、誰の作かばればれです。


 このたび一番得点したのが、小学4年生の子。「滝の音 静かな森を おおってる」
 夏休みということで、千葉県から山口県のおばあちゃんのおうちに遊びにきているそうです。…とっておきの夏の思い出ができましたね。


 最後にみなで記念撮影。五七五のことばで、笑ったり感動したり…俳句でこころも満タン。楽しい時間をいっしょに過ごせてよかったです。

 では、今回の全作品を下記に紹介します。

こどもたちの作品
さいこうてい ドオーンとひろくて すみたいな
庭園に みどりがいっぱい 菜香亭
庭に水 ないけどなんだか すずしそう
じんりきしゃ つかれがとれて ありがとう
夏の朝 ねあせをかいて 目がさめる
トマトさん からだの中は まめつぶだ
たかい木に せみがみんみん ないている
プールはね つめたい水で きもちいい
にいちゃんが ちいさなほたる 手においた
なつのとき うちわがないと あついんだ
じんじゃはね 木がいっぱいで すずしいな
みあげる木 おおきくすずしい さわやかだ
あめんぼが かわをすいすい およいでる
せみのこえ いっぱいないてる きれいだな
その花は ひまわりだよね ほんとかな
滝の音 静かな森を おおってる
ミンミンと せみのなきごえ けせないよ
あさがおの ピンクが四つ 青三つ
ふんでもね いきてるありは つよいよね
夕焼に 赤くそまるよ 白い雲

おとなたちの作品
なみガラス みどりがにじむ 菜香亭
間仕切りの 上の字太き 夏座敷
ほおずきの 香合の中 なにもない
なつのえん じだいのよあけ さいこうてい
そそとさき こころあらわる きんしばい
孫の来て 歳が身に沁む 夏休み
せみのこえ なつをかんじて あついひび
夏の草 きれいな緑 絵具なし
参道の 杉の上から 蝉の声
青梅の 香りに教わる 梅仕事
退院の 声はずみおり 赤まんま
雨あがり せみのこえも 高らかに
節電の 自覚遠のく 酷暑かな
暑き日に 涼を届ける 風鈴の音
しかりくれる 人無き暮らし 髪洗う
野田神社 ひっそりと咲く くさぎかな
炎天下 ビールの海で 泳ぎたい
やせたいな むりなおねがい たんざくに

HOME | ↑ このページのトップに戻る |