イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

湯田温泉酒まつり

(2013・10・13/更新11・1)


 湯田温泉の井上公園で、第1回湯田温泉酒まつりが開催されました。県内の酒蔵と湯田温泉の飲食店や旅館などでつくられた実行委員会、湯田温泉酒まつり実行委員会の主催。


 これは県内の19の酒蔵が出展して利き酒を行ったものです。1枚1500円の利き酒チケットは、前売りと当日券を含め1000枚完売だったそうです。チケットを買ってない方もテントで一杯100円以上出せば飲めました。


 山口県の日本酒の製造量は小規模のうちに入ります。酒蔵が少ないこと、杜氏が少ないこと、その結果製造量が少ない。しかし、各蔵大変ユニークな酒をそれぞれ開発されて、がんばって、近年全国的にも注目を集めています。


 その結果がこの賑わい。おつまみとして県内の地産地消の料理屋台もたくさん出ていました。


 利き酒コンテストも盛況。


 日本酒の歴史は古く、作り方も西洋酒と比べて凝ったもので、世界に誇れるものです。そして山口県からは世界に飛躍する酒も出ているとか。美味しくないわけはなく、秋晴れのこの日、みなさんトローンと良い気持ちで酔ってました。

 本当にいい酒は飲んでも騒ぎたくなるものではないのです。縁側で心地ち良く日向ぼっこしている犬の気持ちのようなものと、酒を愛する作家吉田健一が書いていたように、初対面でも会話が弾み、飲んで天下泰平な笑顔が満開でした。


 

HOME | ↑ このページのトップに戻る |