イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

大内氏遺跡築山館跡第15次調査現地説明会

(2014・9・20/更新10・1)
 


 9月20日、山口市教育委員会文化財保護課主催で、大内氏遺跡築山館跡第15次調査現地説明会が、料亭菜香亭跡地で開催されました。


 かつて料亭菜香亭があった場所は、室町時代に栄えた大内氏の別邸である築山(つきやま)館があった場所の一部です。「大内氏遺跡附凌雲寺跡」の一部として国史跡になっています。


 料亭菜香亭の駐車場だったところには、15世紀末頃の門の跡らしきものが見つかりました。


 平成17年から段階的に発掘調査が行われ、このたび料亭菜香亭跡地の北側も含めて、ほとんどの土地の発掘調査が終了しました。


 料亭菜香亭の東側・南側の敷地の境界に沿うように、堀があったことがわかりました。空堀だったのではと推測されています。


 先に紹介した門は、堀を埋めて作られたようです。


 16世紀にあると生活の跡は北側に縮小されていきます。


 一括して土器を廃棄した場所がありました。


 画像の方形の石組は、トイレか水捨て場ではないかと推測されています。


 敷地内からは室町時代の遺物だけでなく、料亭菜香亭で出していた昭和前期のビール瓶などが発掘されています。室町時代から現代まで歴史ある場所だったことがわかります。


 

HOME | ↑ このページのトップに戻る |