イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

端午deさんぽ

(2015・4・26/更新5・1)
 

 4月26日から5月7日まで、大殿大路界隈と山口ふるさと伝承総合センターで、今年も「端午deさんぽ」が開催されています。


 軒の下をおよぐこいのぼり。小学生が「屋根よーりー低いこいのーぼーりー」と歌いながら登下校するそうです。


 大内文化・明治維新の町並みを残す大殿大路。今年は去年よりさらに鯉の数が増えているようにおもいます。


 こちらの大路ロビーでは端午の説明パネルが展示されています。この機会にお勉強を。


 日よけとしても軒下の鯉のぼりは役立っています。


 古い町屋と、伝統行事が、現代のセンスで交差しています。とてもユニークな風景です。


 また、大殿大路にある幕末史跡・十朋亭では、兜飾りが展示されています。3月の雛祭りでは女の子が多く、5月の兜飾りでは男の子連れの家族が目立ちます。


 


 大殿大路と竪小路の交差点にも鯉のぼりが飾られています。


 ここを入れば大殿大路です。


 竪小路沿いの山口ふるさと伝承総合センターでは、まなび館で、展示が行われています。


 元商家の勇壮な内部を効果的に使って、鯉を泳がせています。


 兜飾りも行われています。日本家屋にこそ飾るにふさわしいと思わせます。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |