イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

企画展「空き家の種まき」

(2015・11・4/更新11・30)
 

 11月1日から8日まで、「Do a Front」主催で、元材木店倉庫(山口市堂の前町1-9 )を会場に、「Germination play - 空き家の種まき -」が開催されました。
 黄葉している寺は、山口祇園祭の鷺の舞の出発地として有名な万福寺です。
 会場はその隣。2007年の「鷺の舞-Trad Touch !!-」以来、度々このような催しが行われています。


 元材木店倉庫を舞台に現代アートが展示されました。
 床に散らばっている白いかけらもそうです。


 国内外で活躍される三原聡一郎さんの作品。中身を抜いた卵の殻が散乱しています。


 天井には一定の時間ごとに殻を落とす仕掛けがあります。どのように落ちて、どう割れるか、自然に任せた作品で、会期中にどんどん積もっていきます。


 そばにころがている苔玉は、機械が内蔵されていて、人の気配で動いたり、風で動いたりしたとおもわせるような仕掛けになっています。


 これは余った材木で即興に製作された作品のようです。無題。


 こちらは以前、山口現代芸術センター(YCAM)で活躍されていた会田大也さんの作品。期間中はワークショップもされました。


 これは山口在住の澤登恭子さんの、パフォーマンス映像作品。最終日に実演も行われました。


 こちらは志村信裕さんのドキュメンタリー映画で、見島牛が主人公。初公開作品です。来年から2年間パリで勉強されるということで国内最後の発表とのこと。


 また特別参加で、山陽小野田市在住の画家田上允克さんの作品が十点以上展示されていました。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |