イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

アートdeおもてなし2015

(2015・11・19/更新11・30)
 

 11月19日(木)から23日(月祝)までの5日間、山口市菜香亭「アートdeおもてなし2015」が開催されました。
 これは市内在住の若手アーティストを中心に10人2グループの作品を一堂に会したもので、千人以上の来場者がありました。


 


 2階会議室へ上がる階段に文章が流れていて人目を惹いたこの作品は、山口大学創作グループ「かしゃころ」の作品です。


 2階会議室には写真・イラスト・絵画・現代アートなど多岐にわたるジャンルの作品が展示され、大学生の力量を見せていました。


 1階南居間では、YURIさんのチョークアート作品が展示されていました。チョークアートとは黒板に描く鮮やかなイラストの事です。


 同じ部屋では稲田絵美さんの布アート作品も展示されました。動物の布アートがたくさん並んでいました。

 1階北居間には、山口県美術展覧会で優秀賞に選ばれたこともある岡田隆志さんのペーパークラフト作品展示。新作として、菜香亭5代目主人の掛け軸や、幕末のミニエー銃が展示されました。


 2階北客間では、郭でんこうさんのフェルト作品。針金を使わずフェルトだけで作成されており、一体作るのに一ヶ月はかかるそうです。


 同じ部屋には、大園ちほさんのペン画も展示されていました。不思議な模様を持つ鯨やタコなどのペン画が並んでいました。


 さらに、中田真由美さんの絵画作品も同じ部屋に展示されていました。


 北客間次の間では、第6回やまぐち新進アーティスト大賞受賞者臼杵万理実さんの作品が展示。青をモティーフとした作品群です。


 2階南客間には、第5回やまぐち新進アーティスト大賞受賞者平井槙さんの立体作品が展示されていました。


 2階板の間には、真木由紀さんのイラスト作品を展示。優しい雰囲気が特徴的です。


 2階から1階へ通じる階段には、和紙細工が展示されていました。地元の徳地和紙で製作されたものです。


 1階調理場跡には、村上真実さんの書と富永嘉子さんの和紙人形のコラボ作品がいくつか展示されていました。、


 さらに、会場のあちこちに、YICA(山口現代藝術研究所)の会員による作品22点が展示されていました。


 


 


 


 


 またチェーンソーアート世界チャンピオンの林隆雄さんの作品も、館内のあちこちに20点以上展示されていました。その大きさに驚かれたこととおもいます。

 今回の展示会では、体験コーナーが多かったことも特徴の一つでした。
 こちらは真木さんのポストカード体験コーナーの様子です。


 郭さんのフェルト作りコーナー。小さなものでも作るのに2時間かかったようです。


 YURIさんのチョークアート体験コーナー。チョークアートが体験できるというのは珍しいのでは。


 多くの人が体験した折り紙コーナーです。難しいのから簡単なものまで様々なヴァリエーションで参加できるのが人気の秘密でしょうか。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |