イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

薩長同盟パネル展

(2016・1・9/更新2・1)
 


 今年1月21日が薩長同盟150周年目です。これを記念して、1月9日から2月26日まで、山口市菜香亭の大広間展示室(下の間)で、「薩長同盟パネル展」が開催されています。


 薩長同盟の発案者、福岡藩士・月形洗蔵をはじめ長州・薩摩・土佐など薩長同盟に関わった藩士の紹介や、薩長同盟に至るまでの約1ヶ月を検証したパネルなど14点が展示されています。


 とくに京都で薩長同盟が締結されたのは21日かそうでないかが詳しく紹介されています。


 中央の巨大パネルの表には木戸家文書(桂小五郎が坂本龍馬に薩長同盟の確認をするために送った手紙の現代用語に要約した巨大パネル)が展示されています。


 裏にはペリー来航から薩長同盟締結までをすごろく形式で紹介されています。


 特別展示パネルとして、86年ぶりに公開された“坂本龍馬が最も愛した刀”(写真)、また、龍馬の幻の“北辰一刀流皆伝書”が確認できる記録の紹介パネルがあります。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |