イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

山口七夕ちょうちんまつり

(2016・8・6/更新9・1)

 今年は8月6日(土)7日(日)と、恒例の山口七夕ちょうりんまつりが開催されました。
 初日の6日は、八坂神社界隈で、「つながる大殿七夕ちょうちんの灯」が、おおどのコミュニティ協議会主催で開催されました。


 初めに、大内氏を祀る築山神社で、ちょうちんまつりの無事の開催を祈願するなごめ祭りが催されました。


 


 つづいて八坂神社拝殿で、火入れの儀式が行われました。
 火は火打ち石で起こされます。


 


 起こされた火は火入れサポーターのもとへ。

 地元の子どもたちが大勢集まって、ちょうちんに次々と火入れを行っていきます。
 ちょうちんの設置は地元の中学生を中心としたサポーターという話です。


 


 全部で千個以上もあるちょうちんに灯をともすのは大変と思います。 


 でも夜になるとこんなにきれいな光景が現出します。こどもたちの達成感もひとしおのこととおもいます。


 


 また、近くの山口ふるさと伝承総合センターでは、ミニ縁日とコンサートがありました。
 縁日では幼児たちが並んで、輪投げや紐引きなどに興じていました。


 


 さて、今年のちょうちんまつりは、一の坂川交通交流公園に本部が置かれた関係か、ちょうちんツリーや、ミニちょうちん飾りがこちらに設置されていました。


 


 他にも公園内に屋台などが出ており、たいそう賑わっていました。


 そして、この公園から新亀山公園までの導線にそってちょうちん飾りが置かれてあり、人の行き来を促していました。


 


 新亀山公園ではずらりとならんだ屋台に人が並んで、身動きできないほど混雑していました。


 アーケード商店街のちょうちん飾りは今年も変わらずきれいでした。土曜日とあって前へ進むのが困難なほど大勢の人で賑わっていました。


 


 今年は一の坂川の千歳橋から御茶屋橋までの整備が終わり、こちらにもお披露目の様にミニちょうちんが飾られていました。
 また、ほたる広場では、屋台とテーブルが用意されていました。


 


 一の坂川に沿って千歳橋から御茶屋橋まで来ると、一の坂川交通交流公園に出ます。ぐるっと回遊する仕組みとなっていました。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |