イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

山口三名水 柳の水で楽しむ 池泉庭園大茶会

(2016・11・3/更新12・1)


 山口県庁裏手にある一の坂川ダムのさらに奥に上がると、「山口三名水 柳の水」があります。
 大内氏の時代、山口の名水として「藤の水」「清水」「柳の水」があり、このうち「柳の水」だけが滾々と今も水があふれています。


 かつてはもっと荒れていましたが、近年、地元の方を中心とした有志が「柳の水を守る会」を立ち上げ、整備されました。


 11月3日午後、その「柳の水を守る会」が主催となって、「山口三名水 柳の水で楽しむ 池泉庭園大茶会」が催されました。


 会場は龍福寺隣の、復元された大内氏館跡池泉庭園です。当日は山口市文化財保護課の方が庭園の説明をされていました。


 柳の水を汲んで、大内氏館跡池泉庭園まで運び、ここで野点茶会をするという、大内氏時代華やかかりし頃のようなイベントです。
 前売券一席700円でチケットを販売されており、多くのお客様が来場されました。


 こちらは表千家の流派の方々による野点です。
 場所は池泉庭園を眺める建物があったろうといわれる場所です。大内氏にもてなされた場所から飲むお茶、良い風情だったと思います。


 


 


 庭園の反対側でもお茶席がありました。
 こちらは裏千家の流派による野点です。


 


 そうしてこちらは煎茶会による野点です。

 青空のもとのお茶席。参加者は、かつての大内氏も同じように楽しんでいたようでした。


 


 

HOME | ↑ このページのトップに戻る |