イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

日本のクリスマスは山口から点灯式

(2016・12・3/更新12・28)


 12月3日(土)午後4時から、 一の坂川交通交流広場で、日本のクリスマスは山口から点灯式が開催されました。


 夕方、すでにこれだけの見学客が集まっていました。


 午後4時から1時間は、ダンスショー。
 こちらは山口大学音楽大好きサークル「STYLE」です。


 こちらは山口大学 ガールズダンスコピーサークル「AМО」。


 


 会場には、主催者の山口商工会議所による特製クリスマスうどんの出店がありました。


 夏の風物・ちょうちんツリーもこの日だけお目見え。


 近くの中心地商店街ではすでにイルミネーション点灯が始まっていました。


 


 午後5時45分からは紙芝居「日本のクリスマスはなぜ山口からはじまったのか」がありました。現代の子どもが日本で最初にクリスマスが祝われたときにタイムスリップして歴史を学ぶという話です。


 


 山口商工会議所青年部マスコット「ぶちまろくん」もこの日はサンタクロースの恰好。子ども達に大人気でした。


 点灯時間になるとこれだけの人だかりが。


 午後6時をすぎても続々と集まっていました。会場はいっぱいに。


 サンタクロースのふるさとであるフィンランド共和国ロヴァニエミ市サンタクロース村在住のサンタさんが駆け付け挨拶されました。


 この日は市長以下関係者代表5名も帽子だけサンタさん。


 サンタさんを交えて全員で点灯ボタンをON!


 イルミネーションが点灯しました。


 こちらは昔のサビエル記念聖堂をかたどったイルミネーションです。「日本のクリスマスは山口から」のシンボルといえます。


 公園の噴水がイルミネーションとあいまって一段ときれいにみえました。


 会場は色とりどりのイルミネーションが輝いて華やかでした。


 今年は西京橋から御茶屋橋の間の両岸にイルミネーションが設置。


 さらに下っていく途中の川沿いにもイルミネーション。遠目に亀山橋と赤れんが広場の飾りが見えます。


 こちらは山口法人会のもみの木ツリーイルミネーション。


 地元の人たちが設置する各橋のイルミネーションは今年から緑色一色に。暖かい感じがします。


 昨年までは桜をイメージしたピンク色一色のイルミネーションが、今年は白色も交じりました。


 一の坂川沿いのイルミネーションは12月30日まで点灯されています。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |