イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

湯田温泉白狐祭り

(2017・4・8/更新5・1)
 


 4月8日(土)・9日(日)と、湯田温泉白狐まつりが開催されました。
 例年は4月の第一週に開催されますが、今年は諸々の都合で第二週目の開催となりました。


 今年は桜の開花が遅く、ちょうと8日・9日が満開にあたり、ちょうどよい開催びよりとなりました。
 祭りの中心の井上公園では一日中ステージイベントが行われていました。


 井上公園の脇の道には黒間の通行を止めて屋台が並び、祭り気分を盛り立てていました。


 8日夜は、恒例の「白狐の嫁入り行列」です。
 菜香亭の人力車に今年選ばれた夫婦が乗車して、ホテル街を行進しました。


 


 火は、地元消防団が準備。角材に巻いたタオルに油をしみこませて火をつけて、渡していました。


 


 白狐祭りとあって、みな白い風船で作った尻尾をつけています。
 新郎新婦の付添人の方々も尻尾を付けていました。


 


 花嫁の後には松明を持った子狐たちがつづきました。この祭りのクライマックスです。


 


 


 


 湯田温泉観光案内所前では、ずっと太鼓の演奏があり、祭りに勇壮さをくわえていました。


 毎年、見学者や撮影者でにぎわっています。奥の人のかたまりが行列しているところです。行列と共に人が移動しているような感じです。


 白狐祭りは雨が多いのですが、今年は幸いにも、それこそ「狐の嫁入り」程度の雨が降っただけで終わりました。


 松明は最長300mはつらなり、壮観な眺めとなります。


 しかし、油のしみこませ具合などによって、行進が終わるまえに火が消えてしまうアクシデントもときどきあります。


 


 おそろいの法被を着た狐たちは地元の大学生たち。祭りに協力しています。


 


 さらに、最後尾には、飛び入り参加もOKということで、私服で行進されていました。


 誰でも参加可能で、たまたま湯田温泉に泊まっていた人達が大勢松明を持って歩いていました。
 来年、参加されてみてはいかがでしょうか。


 井上公園には温泉神社のお旅所があり、そこで宮司がお祓いをされていました。
 そのあと人力車に乗って同公園のステージに移動。


 


 ステージではマスコミの質問を受け付ける予定でしたが、花嫁さんが恥ずかしがって中止。


 そこへ、突然のフラッシュモブ。子ども達が出てきて踊り始めました。
 初めての趣向です。
 新郎新婦に喜んでもらえたようです。


 

HOME | ↑ このページのトップに戻る |