イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

企画展「山口の歴食〜大内氏のおもてなしと幕末志士の大好物」

(2017・9・1/更新10・1)
 


 9月より、幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーンが始まりました。山口市菜香亭では、それにあわせて、山口の、歴史ストーリーを持つ食・歴食が紹介されています。


 会場は大広間下の間展示室です。 まず、「大内氏のおもてなし」ということで、1500年に大内義興が前将軍足利義稙をもてなしたときの料理のレプリカ(市文化財保護課所蔵)とパネルが展示されています。


 精巧に作られたレプリカ。これらを将軍が食べたのです。


 そして「幕末志士の大好物」ということで、16人の食の好物や逸話を紹介されています。これだけ紹介するのは初めてのこととおもいます。食を通して幕末の有名人の人となりを知って下さい。


 幕末の侍は質素です。好物といっても生姜の梅漬けとか揚げ豆腐とか。そのなかで鯛の押し寿司とか鯛の潮汁が大好きという高杉晋作は、やはり上級武士なんだとわかります。


 幕末に山口に下向した七卿落ちのリーダー三条実美を、山口の民家がもてなしたときの料理というのは初紹介とのこと。


 さらに幕末に合わせて、江戸時代の食器を展示がされています。 十朋亭で有名な商家萬代家のものです。とてもきれいな陶器です。


 また、市内の団体がおこなった歴食にかかわる過去の事業も紹介しています。
こちらは大路ロビーで今年行われた江戸時代の梅干しづくりを紹介。


 こちらは殿さまの参勤交代弁当や、 先日のやまぐち歴史講座2017 「食べたくなる? 山口ゆかりの食を紹介〜殿様のフルコースから幕末スイーツまで〜」を紹介。


 また、歴食にかかわる様々な資料もおいています。ご自由におとりください。

◎企画展「山口の歴食〜大内氏のおもてなしと幕末志士の大好物」
■開催日時 9月1日(金)〜11月30日(木)【休館日・火曜日】
■観覧時間:午前9時〜午後5時
■会 場 :大広間展示室(下の間)
■入館料(含大広間見学料) : 大人\100円、小人50円
■主催: 山口市、山口市菜香亭指定管理者NPO法人歴史の町山口を甦らせる会

HOME | ↑ このページのトップに戻る |