イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

維新の陶工「大和作太郎と山口焼」

(2018・5・3/更新6・1)
 


 5月3日から〜6日まで、山口市菜香亭で、萩焼展示「維新の陶工 大和作太郎と山口焼」が開催されました。

 山口萩焼開祖大和作太郎は、明治23年万代彦七が創業した「山口焼」(万代焼)の職長として萩より招聘され、明治25年に山口宮野村大山路岡に窯を起こしました。

 作太郎没後、息子の晴信と菜香亭当主とは親交があり、料亭「祇園菜香亭」では花瓶、火鉢、煎茶器、食器等が使用され「山口焼」のよき理解者であり支援者でもありました。 


 この度、このように縁ある場所山口市菜香亭での開催となりました。

 作太郎生誕160年に因んで、大和作太郎松緑の作品22点、山口焼(万代焼)19点、須佐焼8点、西浦焼4点、山口萩焼作家協会会員の作品18点と展示されていました。


 


 


 


 


 初日には、美術評論家の木本信昭と萩焼作家の大和保男とのシンポジウムも開催されました。


 


 5日・6日は山口市菜香亭の前庭で、イベントも行われました。萩焼の販売、絵付け体験、食物の販売、コンサートなど。


 ゴールデンウィークのひと時を大勢のお客さんが過ごされました。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |