イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

第8回菜香亭春のコンサート「万里一空」

(2019・3・16/更新4・1)
 


 3月16日(土)夜、山口市菜香亭の大広間で、第八回菜香亭コンサートが開催されました。


 100畳の大広間の会場には過去最高の153人の方がつめかけられ、満員になりました。


 出演されたのは、画像左から、ケーナ奏者・渡辺大輔さん、二胡奏者・今井美樹さん、ギタリスト・智詠さん。


 二胡奏者の今井美樹さんさんは東松島に復興支援の演奏活動されているそうです。二胡の懐の深い音色と美樹さんのステキな笑顔にたくさんの元気をいただきました。


 


 ケーナ奏者の渡辺大輔さんは、茨城県出身。日本最高峰のフォルクローレグループ「MAYA」のサポートメンバーを務められたなど経験豊富。
 大地の息吹を感じさせる力強くてどこか懐かしい音色を響かせてくださいました。

 ギターリスト智詠さんは、埼玉県出身で愛媛県在住。本場スペインでギターを学び、フォルクローレ・アルゼンチンタンゴのユニットで演奏活動されています。ソロで「鬼平犯科帳」で流れる「インスピレーション」を披露してくださいました。優しさの中に情熱を感じさせるすばらしい演奏でした。


 中国の二胡と南米のケーナ、スペインのフラメンコギターの異色のコラボ。まさに、コンサートのタイトル「万里一空」(世界は一つの空でつながっている)でした。


  県立大学「手話サークル☆幸せの星」のみなさんによるパフォーマンス。東日本復興支援ソング「花は咲く」を会場のみなさんといっしょに手話をしながら歌いました。初々しくて真摯な姿に会場のみなさんも大感激でした。


 


 


 最後は二胡を手に会場を廻りながらの演奏。息のぴったりあった演奏とトーク…楽しくて豊かな時間をありがとうございました。


 

 このコンサートは東日本大震災をきっかけに毎年3月に開催しているもので、8回目になりました。会場では募金つどい、お寄せいただいた支援金は総額72,868円となりました。すべて福島県の「ふくしまこども寄附金」と「山口東北人会」にお贈りし復興の一助とされます。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |