イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

大路ロビー企画展示「大内氏のヤネ〜見上げて歩こう」

(2019・10・12/更新11・1)
 


 10月12日から12月26日まで、大路ロビーで、「大内氏のヤネ〜見上げて歩こう」が開催されています。観覧無料。

 滴水瓦です。屋根の端にあって、屋根から落ちる水流をきって道端の溝に誘導する役目のものです。室町時代の道沿いから発掘されたもので、当時瓦は貴重で、有力者のものかも。


 花唐菱です。大内氏とも関係ありそうな。


 こちらは朝鮮式の瓦を使っていたことで有名な乗福寺の滴水瓦。ごっついです。さっきほどのと比べても立派なものです。


 しかも龍の文様が入っています。じっくりみてください。


 こちらは同じ乗福寺の軒丸瓦です。屋根瓦の先端にあるもので、先ほどの滴水瓦とセットです。


 なぜならこちらには鳳凰の文様があるからです。すごいですね。


 これは大内氏館の南門に使われていた巴瓦。いろいろと文様があるものです。


 乗福寺の軒平瓦。


 この瓦には、大内菱のもととおもわれる花菱唐草文が入っています。


 あと、桧皮葺の資料も展示されています。


 瑠璃光寺五重塔や龍福寺本堂など大内氏時代のゆかりの寺社建造物がおおむね桧皮葺で、その構造が分かります。


 こちらは杉から、皮をはいで・・・


 調えて、木釘でうつという一連の流れを紹介しています。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |