イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

「雪舟生誕600年〜雲谷庵〜」

(2020・8・19/更新9・1)
 


雲谷庵は、雪舟が明(中国)から帰国した後、永正3年(1506)に没するまで創作活動を行ったと言われるアトリエです。


雪舟生涯最大の力作、国宝「四季山水図」を描いたのも、ここ雲谷庵です。


 明治の廃藩後、雲谷庵は廃絶しましたが、郷土史家・近藤清石等が中心となって有志を図り、、明治17年(1884)に古い社寺等の古材により庵を復興しました。


昭和57年(1982)11月27日、市指定文化財に登録されました。


 パネルや、雪舟の自画像が掛けられています。


 



今年は雪舟生誕600年、記念の年です。雪舟の創作活動が行われていた地を訪れてみてください。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |