イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

雪舟生誕600年記念事業「透かし見る雪舟」

(2020・10・17/更新11・1)
 


 令和2年10月16日(金)から令和2年10月18日(日)まで雪舟生誕600年記念「透かし見る雪舟」を雲谷庵で開催しました。


  切り絵、ペーパーアートで秋吉台国際芸術村アーティスト・イン・レジデンスフェローシップ・プログラム2020招聘アーティストの望月めぐみさんの作品です。


  雲谷庵床の間には切り絵で作られた掛軸が掛けられていました。表装まで鱗が描かれており、迫力がありました。


縁側には雪舟作「四季山水図」を切り絵で作られていました。立体的に2枚を間隔あけて展示してありました。制作にあたって、山口や京都に取材に行かれたそうです。


  蜘蛛の糸のような作品です。今回の展示とは関係が薄いですが、斜めにハサミを入れるのが難しいと仰っていました。


切り絵自体は集中して作業するので、一か月ほどで完成するみたいです。


 100日の制作期間で一日一枚手習いと言って、雪舟の筆遣いを模して書いていきました。それを雪舟の掛軸に向けて献上しています。


 雲谷庵が切り絵によって、不思議な空間になった3日間でした。

 

HOME | ↑ このページのトップに戻る |