イベント開催報告

HOME >> イベント開催報告

イベント開催報告

雪舟生誕600年関連企画「萬代家と常栄寺」(後期)

(2020・11・25/更新12・1)
 


 令和2年10月28日(水)から令和2年12月21日(月)まで雪舟生誕600年関連企画「萬代家と常栄寺」の後期展示が十朋亭維新館で開催されています。観覧料金は大人(高校生以上)200円、小人(小中学生)100円。


常栄寺第18世住職の雄峰宗儁の「流水不逆」という書です。雄峰老師は、戦中に常栄寺にあって正親町天皇三百五十年遠忌を実現し、戦後は臨済宗永源寺派の管長に就任された方です。


  臨済宗東福寺派管長の晦宗恵鏡による観音図です。「慈眼視衆生 福衆海無量」という法華経の一節が書かれています。萬代家8代目当主亀四郎夫妻は、晦宗管長より戒名を受けたと伝えられています。


  この掛軸は、常栄寺第20世住職の(安田)天山守宏が、住職の座を(安田)周山定親に譲るに当たり、心境を詠んだ七言絶句です。


 萬代亀四郎宛 秦秀巌書簡です。送られた前年秋の常栄寺法会での尽力に対する謝意、依頼されていた「老大師墨蹟」を小包で送付する旨が書かれています。


  萩 達磨文様湯呑です。禅宗の祖である達磨が壁に向かって座禅を組んでいる様子が入っています。


萩 井戸形茶碗です。雪舟没後450年の記念品と思われるもので、「雪舟四百年記念萩ヤキ茶碗」と表千家第13世家元の即中斎による箱書きに「四百年は四百五十年」という訂正が天山守宏によって入れられている。

 

HOME | ↑ このページのトップに戻る |