まちづくり及び歴史文化団体

HOME >> 取組紹介

モーリ・マスク・ダンスPart12 BLUE MOON

2006年11月10日、山口情報芸術センターで、「モーリ・マスク・ダンスPart12 BLUE MOON」が行われました。これは、第21回国民文化祭・やまぐち2006 ファッションフェスティバルの一環として行われたものです。

大殿大路に店舗をかまえる(有)ナルナセバはこの企画にワークショップ運営で関わったほか、今年度ナルナセバ代表取締役を務める永富真子さんは、演出助手および衣装監督助手・衣裳製作として活躍されました。

大殿大路にある(有)ナルナセバです。 この夏、この店の前を通ったことがある人は、マスクを作っていたり、衣装をミシンで縫っていた姿をみたことがあるやもしれません。 作成中の衣装、春から行われたワークショップの様子、10月の練習風景、本番直前のゲネプロの風景を紹介します。

ワークショップ

第1回
2006年4月15日(土)
集合場所:山口情報芸術センタースタジオC
内容:モーリ・マスク・ダンスの映像観賞、マスクデザイン制作


第2回
2006年5月27日(土)
場所:白石公民館 2階講堂
内容:衣裳製作(一幕着用ブラウス)


第3回
2006年6月24日(土)
場所:白石公民館 2階講堂
内容:マスク、コスチュームのデザイン制作指導、動きの指導

第4回
(1)2006年7月22日(土)
場所:白石公民館 2階講堂
内容:マスク講評、第2幕コスチューム制作
(2)2006年7月23日(日)
場所:スタジオ・レイ
内容:動き指導


第5回
(1)2006年8月18日(金)
場所:スタジオ・レイ
内容:ダンス練習
(2)2006年8月19日(土)
場所:スタジオ・レイ
内容:ダンス練習
(3)2006年8月20日(日)
場所:白石公民館
内容:衣裳制作


第6回
2006年10月2日(月)
場所:スタジオ・レイ
内容:ダンス練習


第7回
2006年10月16日(月)
場所:スタジオ・レイ
内容:ダンス練習


第8回
2006年10月23日(月)
場所:スタジオ・レイ
内容:ダンス練習


以後
10月27日、28日:リハーサル
11月7〜9日:リハーサル
11月10日:本番

ゲネプロ風景

衣装に光が当たるとまた違った味わいがでてきます。

毛利臣男氏とファッションフェスティバルを観る会〜モーリ・マスク・ダンス&街じゅうデニム〜(平成19年2月16日)

第21回国民文化祭・やまぐち2006ファッションフェスティバルの中で、特に多くの人が関わった「モーリ・マスク・ダンス」と「街じゅうデニム」の映像を観ながら、もう一度国民文化祭をふりかえるイベントが、本番から約3ヶ月後、山口市菜香亭でありました。 毛利臣男氏を迎え、参加して楽しかったこと、ためになったこと、こんなエピソードあんな思い出、みんなで語り合い、この体験をつぎに活かすべくおもいを新たにされていました。※ 写真24枚

HOME | ↑ このページのトップに戻る |