沈流亭(ちんりゅうてい)

   もとは道場門前にあった旧家安部家のものでした。
 昭和35年現地に移築。
 幕末維新のころ、薩摩藩の重臣小松帯刀、大久保利通らが山口入りしたさいに宿泊した場所です。