旧山口藩庁門(きゅうやまぐちはんちょうもん)

   文久3年(1863)萩藩主毛利敬親が藩庁を萩から山口に移しました。そして現在県庁がある地に山口政事堂を建てましたが、これはそのとき一緒に作られた門です。
 以来県庁の門として、現在もなお使われています。
 ふだん門は画像のように脇門が開けてあるだけですが、正門が開かれると、正面に鴻ノ峰の勇壮な姿が見えます。