大内氏館跡(おおうちしやかたあと)

   かつて西国に勢力をほこった大内氏の居館があった場所。
 最近の発掘では大内教弘以降のものしか出てこないのでここに居館があったのは教弘からと考えられています。
 大内義長の時代まで増改築を繰り返しながら存在しましたが毛利氏の時代になって破棄され、館跡に龍福寺が建立されました。