瑠璃光寺

瑠璃光寺 境内に瑠璃光寺五重塔をもつお寺。他にも大内弘世像やいろいろな文学碑が建っており、瑠璃光寺資料館もある。
文明3年(1471)陶弘房創建。当時は安養寺といい、仁保にあった。明応元年(1492)瑠璃光寺と改称。元禄3年(1690)香積寺跡の現在地に移る。

大内義弘(~1399) 創建。開山は石屏子介(~1381)。義弘の菩提寺。慶長9年(1604)毛利氏が解体して萩に移す。

文保2年(1318)来朝の宋僧。興国3年(1342)頃渡元し、正平11年(1356)帰国。菊池武光、大内弘世・大内義弘などが帰依する。五山きっての詩僧でもあった。山口・洞春寺に木造石屏子介禅師坐像【県指定文化財】、萩・龍蔵寺に石屏子介禅師墨蹟【県指定文化財】、雪峯東山空和尚外集(石屏子介手沢本)【国指定文化財】が残されている。

   

参考資料:山口市史通史篇(1955年・山口市)、山口市史(1982年・山口市)

戻る |