洞春寺山門(とうしゅんじさんもん)

洞春寺山門 室町時代の山門です。屋根はひわだ葺き。室町時代の美の様式のニュアンスがよくわかる門です。重要文化財。

洞春寺の地には応永11年(1404)に大内盛見が国清寺を創建していた。これはその国清寺のものとみられる。

参考資料:山口市史(1982年)山口市

戻る |