豊栄神社(とよさかじんじゃ)

豊栄神社戦国時代の大名 毛利元就を祀る神社です。野田神社の隣にあります。

祭神 毛利元就
慶長9年(1604)毛利輝元が萩城に移り、祖父元就の霊を祀る。
明和7年(1770)仰徳大明神の号を受ける。
明治2年(1869)2月天皇より豊栄の社号を賜る。
明治2年10月山口多賀神社境内に遷る。
明治4年(1871)12月現地に社殿を造営して遷座する。

参考資料:山口市史通史篇(1955年)山口市

戻る |