八坂神社(やさかじんじゃ)

八坂神社山口の町の夏の祭り・山口祇園祭で有名な神社です。7月20日夕方に鷺舞が演じられる際には多くの観光客が集まります。
本殿は重要文化財に指定されている室町時代の建造物です。

祭神 素盞鳴尊・稲田姫命・手名槌命・足名槌命

応安2年(1369)大内弘世京都祇園感神院(八坂神社)より竪小路の上へ勧請すと伝えるが旧址は不明。旧号祇園社。
長禄3年(1459)大内教弘が水ノ上の地に遷す。
永正17年(1520)大内義興が高嶺麓に移築遷宮(高嶺太神宮御鎮座伝記)
元和3年(1617)毛利輝元修造す。
元治元年(1864)5月毛利敬親、現地へ移築する。
明治2年(1869)八坂神社と改称

参考資料:
山口市史通史篇(1955年)山口市
山口市史(1982年)山口市

戻る |